2016年01月16日

帯ってお手入れどうされていますか?

こんにちは。
着物クリーニング、お手入れ専門店 千成屋の香川です。

 最近、袋帯ってクリーニングするのかという事をお尋ねになるお客様がおられます。

もちろん袋帯、名古屋帯も着物、長襦袢と共にお手入れしてください。

帯類は、中に芯が入っており、お手入れせずに収納すると、
湿気て芯からカビが生えてしまったり、そのカビを気が付かずに放置していると、
表まで黄変や茶変になってシミが点々と発生することが多々あります。

また、芯からではなく表からのカビもあります。

着用されましたら、必ずお手入れをされることをおすすめしています。
帯をお手入れしますと、湯のしをかけることにより柄などに風合いが出て、
仕立て上がりのような風合いが戻ってきますので是非お勧めいたします。

正絹のお着物、帯類には湯のしを施すことがとてもよく、風合いが出てまいります。
湯のしのできる着物お手入れ専門店をお探しください。

下記にも、色々なお着物について紹介しておりますので、
ぜひ、ご覧ください。
URL http://www.kimono-kirei.jp
着物クリーニング【千成屋】着物・和服・浴衣・法衣・袈裟などの宅配クリーニング。
posted by きものキレイ at 14:09| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物のお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。