2010年05月14日

たとう紙のお話

taatousi.JPG

こんにちは。
着物クリーニング、お手入れ専門店 千成屋の香川です。

ブログを書かなくては…と思いながら、
4月があっという間に過ぎてしまい、5月になってしまいました。
申し訳ございません。

しかし、5月はもう少し暖かいようなイメージがあったのですが、
こちら豊岡は今週、とても肌寒く、着る物にも困ります。


さて、今回は、以前長年保管中のお着物の為には、
たとう紙を交換をすると良いですよというお話をさせてもらいましたが、その関連で当店よりお話をしたいと思います。

少し、前ほどになるのですが、当店ではたとう紙の種類を変えました。
この度は、以前よりもよい和紙のたとう紙を使用しています。
わかりづらいかと思いますが、写真のような感じです。

やはり、着物の保管には和紙のたとう紙がよく着物の湿気を吸い取りいいです。
そうは言うものの、やはり長年タンスに入れているのなら、
たとう紙はこまめに交換するのがいいですね。

湿気を吸いきってしまったら、お着物にカビなどが生えやすくなります。
この、5月の爽やかな季節、6月の梅雨に入る前に、
今一度、たとう紙の交換や確認、もちろん中に入ってるお着物の状態もチェックしながら、虫干しをしてください。

着物の虫干しのご質問などもお答えしますので、
皆様、ぜひご意見を下さいませ。

HP→http://www.kimono-kirei.jp
着物クリーニング【千成屋】着物・和服・浴衣・法衣・袈裟などの宅配クリーニング。


posted by きものキレイ at 14:09| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物のお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。