2010年07月27日

夏、喪服を着た後は…

こんにちは。

着物クリーニング、お手入れ専門店 千成屋の香川です。

とても暑い日が続いていますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

昨日は土用の丑の日、我が家でも鰻を食べ、土用餅まで食べて、

元気にこの夏を乗りきるつもりです。


さて、今回は夏に多いお着物のお悩みを紹介します。

夏に着物を着る方は少ないのが現状ですが、

着用しなくてはいけない時があります。

それが「喪服」です。

一般的には夏は呂の喪服を着用されます。

やはり夏場ということで、汗をかかれます。

その後、どうしようか???と悩まれる方が多いです。

@2,3日干して乾かして、収納される方。
A汗をかいたので、お手入れに出して収納される方。

着物には、今は目には見えない汗がしみ込んでいます。

少しの期間のうちに、目に見えるシミやキワなどが浮き上がってきます。

喪服は1度着たら、早々着る事はあまりないと思われますので、

1式(喪服、長襦袢、名古屋帯)をお手入れに出された方が、安心して収納できます。

めったに着ない喪服ですが、何度も購入するのももったいない衣装です。

お持ちの方がおられましたら、ぜひ、この事知っておいてください。

また、1度も使った事がなく、シツケがされたまま収納されたままの喪服も意外と要注意です。

特に梅雨時期にカビが発生している可能性もありますので、

この機会に1度調べてみてください。

カビはお手入れで綺麗に甦りますので、早めが肝心です。

只今、夏のキャンペーン中です。

黒いお着物 喪服、留袖のお手入れがお得です。
ぜひぜひ、ご利用下さい。

URL http://www.kimono-kirei.jp
着物クリーニング【千成屋】着物・和服・浴衣・法衣・袈裟などの宅配クリーニング。


posted by きものキレイ at 14:16| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物のお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。