2011年07月11日

喪服着用時の汗…その後

喪服汗によるスレ.jpgこんにちは。
着物クリーニング、お手入れ専門店 千成屋の香川です。

さて7月に入り、毎日蒸し暑いといいながら過ごしてかましたが、
あっという間に、梅雨明けし、気が付いたら11日になってしまっていました。
時が経つのはとっても早い今日この頃です。

さて、6月中のブログで着物の汗やカビ、黄変などのお話をさせていただいておりますが、
当店のお客様も着物を着用された時の、汗をやはり気にされている方が多いです。
今回は季節柄やはり着物を着用されると汗って気になりますよね!ということで、
汗に関連したお話をさせて頂きます。

今回の画像は、汗をかかれた後、黒紋付着物(喪服)のスレではげてしまった物です。

着物は水に弱い事は、何度かブログでも紹介させていただきましたが、
着物を着ているときに汗をかく事は仕方ありません。
夏の暑い時期になると、汗をかいてしまいます。
特に、脇部分、帯を締めている部分です。

この方は、ご自身よく汗をかいたという事で、
着物を脱いだ後、こんなことになってしまっている事にお気づきになられたようです。

今回は、お客様と相談し、このはげてしまった部分は修正せず、
とにかく、汗をかいているので、収納が心配ということで、
全体を洗浄し、湯のし張り仕上げし、汗を取り、スッキリと仕上げさせていただきました。

やはり、汗をかかれてしまったものは、いくら陰干しで干して乾燥しても、
その後、カビになってしまったりと、トラブルはつき物です。
きちんと着物クリーニング専門店でお手入れをし、収納するようにしてください。

着物にとって濡れるという事はハゲの原因になりますので、よく注意してください。
特に、黒色の喪服、留袖、濃い色のお着物は要注意です。

下記にも、色々なお着物の状態など紹介しておりますので、
ぜひ、ご覧ください。
URL http://www.kimono-kirei.jp
着物クリーニング【千成屋】着物・和服・浴衣・法衣・袈裟などの宅配クリーニング。


posted by きものキレイ at 15:02| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 着物のお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。